タグ別アーカイブ: 髪の毛

毛周期と意外と知らない髪の毛の役割

髪の毛には毛周期があります。毛周期はヘアサイクルとも言われていますが、この毛周期が乱れ始めると抜け毛が増えたり、薄毛になったりします。毛周期についてと髪の毛の役割について説明します。

髪の毛の毛周期

髪の毛には毛周期(ヘアサイクル)があります。私たちの髪の毛は、この毛周期に合わせて生えては抜けてを一生繰り返しています。成長期で髪の毛が成長して、退行期には成長が止まり、休止期には抜け落ちてしまいます。この毛周期には個人差があり一般的には男性が2~5年、女性が4~6年と言われています。

毛周期(ヘアサイクル)

成長期 髪の毛を成長させる時期で、毛母細胞が分裂を繰り返し行っています。成長期は約2~6年と言われていて、髪の毛全体の85~90%を占めています。
退行期 成長を終えた毛球部が縮小をはじめていく時期で、髪の毛を成長させていた毛母細胞の分裂が減少していきます。退行期は約2~3週間程で髪全体の約1%程度です。
休止期 毛母細胞の活動が止まり、髪の毛が頭皮にとどまっているだけの状態です。そして、自然に髪の毛が抜け落ちます。休止期の期間は2~4ヶ月で10~15%程度です。


シャンプー時やブラッシング時によく抜ける髪の毛が退行期や休止期にある髪の毛と言えます。このような時に髪の毛が抜けるのはごく自然で、1日に約60~100本程度は抜けるのが普通です。しかし、100本以上抜けると言う方は薄毛専門のクリニックに相談した方が良いでしょう。脱毛が多い方は毛周期が乱れている可能性が高く、育毛剤などの力ではどうする事も出来ないような状況になっている場合があります。毛周期の乱れの原因は主にホルモンバランスの崩れが疑われるので、一刻も早く専門のクリニックに相談するようにしましょう。薄毛は今の技術だと早期に対処する事で、元通りフサフサになる事が可能です。しかし、少しでも遅れてしまうと、元に戻る事は厳しくなるでしょう。あまりにも脱毛が酷いと感じた時がクリニックに相談するべきタイミングです。

意外と知られていない髪の毛の役割

髪の毛にはあまり知られていない重要な役割があります。髪の毛が無くなると恥ずかしいと思っている方がほとんどですが、実はそんなに簡単な問題ではないのです。髪の毛は人間にとってとても重要な役割を担ってくれているのです。

髪の毛は紫外線から頭皮を守っている

紫外線は皮膚の大敵です。紫外線を浴び続けると、皮膚がんや皮膚疾患等になる場合があります。髪の毛は私たちの頭部を紫外線から守る為に生えているのです。髪の毛が薄くなると、大切な頭皮を紫外線から守る事ができなくなってしまうのです。頭皮を紫外線から守る為にも髪の毛は重要な存在なのです。

髪の毛は衝撃から頭皮や脳を守っている

髪の毛は、クッションのような役割を果たしてくれています。髪の毛があると転倒時に頭をぶつけても、たんこぶができる程度で済みますが、髪の毛がないと切り傷が付いたり損傷が激しくなってしまいます。髪の毛は体の一部であり、ヘルメット的な役割を果たしてくれるので、とても重要なのです。

髪の毛は熱などから脳を守っている

髪の毛がある事によって高温・低温から脳を守ってくれています。脳は人間にとって最も重要な臓器の1つなのです。脳は熱などに非常に弱く、髪の毛が無いと脳を守る事ができなくなってしまいます。髪の毛は脳を守る為に必要な存在なのです。

髪の毛は感覚器・触覚器的な働きがある

髪の毛は感覚器や触覚器のような働きがあります。髪の毛は小さな刺激に反応して私達に危険を知らせてくれる機能があります。実は毛根は知的伝達神経と繋がっていて、あらゆる危険信号を知らせる役割を担っているのです。自分の体を危険から守る為にも髪の毛は必要な存在なのです。

髪の毛は有害な成分を体外へ排泄して体を守っている

毎日の食事で少なからず有害物質を摂取している可能性があります。体に有害な成分は「水銀・カドミウム・ヒ素・鉛・銅」等です。これらの有害成分は、日々の食事から極少量ですが摂取しています。しかし、髪の毛・体毛・汗などを通して、体外へ排泄しているのです。ですから、安全と言えば安全なのですが、髪の毛が無くなる事によって排泄機能が低下してしまうのです。すると内臓に負担がかかってしまいます。そうならない為にも髪の毛は必要な存在なのです。

いかがでしょうか?髪の毛の毛周期が乱れると抜け毛が増えて薄毛になってしまいます。毛周期はホルモンバランスの乱れが主な原因となっていますので、毎日の抜け毛の量が尋常じゃない場合や、心当たりがある方は一刻も早くクリニックに相談するようにしましょう。また髪の毛の役割についても解説しましたが、髪の毛はあなたの身体を守っているヘルメットのようなものなのです。ですから、髪の毛を大切にして、抜け毛が進行しているのならクリニックでまずは無料カウンセリングなどを受けてみて、抜け毛・薄毛の原因を確かめる事から、はじめてみてはいかがでしょうか。

髪の毛の基本構造と主成分

基本髪の毛は3層構造になっていて「メデュラ・コルテックス・キューティクル」で構成されています。また髪の毛の主成分はケラチンと言うたんぱく質でけいせいされていますす。

髪の毛の基本構造

髪の毛は3つの層に分かれていて、中心部分からメデュラ(毛髄質)、コルテックス(毛皮質)、キューティクル(毛皮質)と言うような形で3層構造になっています。

メデュラ(毛髄質)

メデュラは少量のメラニン色素を含み立方体の細胞が蜂の巣のように並んでいて、内部には空気を通す為の穴が空いています。その穴は空気を溜める為のもので、その理由は高温・低温から頭皮や脳を守る為です。成分としてはたんぱく質と脂質でできています。メデュラは髪の毛のコシ・太さに大きく関わっていて、メデュラが太いと髪の毛は太くて硬い髪質になります。生まれたての赤ちゃんの髪の毛や、産毛は細くて柔らかいので、メデュラが無い状態と言われています。

コルテックス(毛皮質)

コルテックスは髪の毛の大部分を占めている毛皮質の事です。メラニン色素を含む細い繊維状のタンパク質が束状に集まって構成されています。このメラニン色素によって髪の毛の色が変化します。人種によって髪の毛の色が異なるのは、コルテックス内部のメラニン色素の量が異なるからです。それからコルテックスは、紫外線から頭皮を守る働きもあります。

キューティクル(毛表皮)

キューティクルと言う言葉はさすがにご存知かと思いますが、どのような働きをしているかまで知っている方は少ないと思います。キューティクルとは髪の毛の表面部分に、透明な細胞がうろこ状に重なって成っている毛表皮の事です。キューティクルは硬く、外部からの雑菌等から髪の毛を守ってくれたり、髪の毛内部の栄養分を外に逃がさないように保護してくれてるバリアー的存在なのです。キューティクルが破壊されると、水分が保持できなくなり、手触りや見た目に大きく影響し、パサパサな髪の毛になってしまいます。

異常が髪の毛の構造です。髪の毛は皮膚の様に自然治癒力が無いので、一度傷んでしまうと生え変わるまで傷ついた状態のままです。ですから、しっかりとケアしてあげて髪の毛を守ってあげましょう。

髪の毛の主成分

髪の毛の主な成分はたんぱく質です。そもそも私達人間は主に水とたんぱく質で構成されています。その中でも髪の毛構成しているタンパク質は「ケラチン」と言うたんぱく質です。ケラチンは18種類のアミノ酸が結合してできるたんぱく質で、どれか1つでもかけてしまうと上手い事結合できなくなってしまいます。だから、バランスのとれた食生活や、生活習慣が必要と言われているのです。また、育毛ケアにアミノ酸系のシャンプーが良いと言われているのも、このケラチンがアミノ酸から成るたんぱく質だからなのです。そして、ケラチンは髪の毛以外にも、皮膚、爪等の角質層の形成にも必要な成分と言われています。あまり知られていませんが、そもそも髪の毛は皮膚が大きく変化したもので、皮膚の延長線上にあるのが髪の毛なのです。そして、ケラチンの特徴は弾力性に優れていて、水分を多く含んだ細長い繊維状の形をしていて、アミノ酸の配合により2種類に分かれます。1つは「硬ケラチン」で髪の毛や爪を構成するケラチンで、もう1つは角質層を構成するケラチンです。

髪の毛を構成する18種類のアミノ酸


アミノ酸 含有率(%) アミノ酸 含有率(%)
グルタミン酸 15.00 プロリン 6.75
シスチン 13.72~16.00 グリシン 6.50
ロイシン 11.30 チロシン 5.80
アルギニン酸 10.40 バリン 4.72
セリン 9.41 アラニン 4.40
アスパラギン酸 7.27 フェニルアラニン 3.70
スレオニン 6.76 リジン 3.30
メチオニン 0.71 トリプトファン 0.70
ヒスチジン 0.70> ヒドロキシプリン 0.21


ケラチンの成分には少し特徴があって、繊維などのたんぱく質にはほとんど含まれていない「シスチン」と言うアミノ酸を16%も含んでいるという事です。シスチンをどのようにして摂取するのかについて、以下で説明させて頂きます。

シスチンについて

シスチンとは含硫アミノ酸(硫黄を含んだアミノ酸)で、ケラチンを構成するのに必要なアミノ酸です。このシスチンはメチオニンから合成されるのですが、メチオニンは人間の体内で合成される事のないアミノ酸なのです。人間が生命を維持するのに必要になってくるぐらい重要なアミノ酸がメチオニンなのですが、体内で合成される事が無いので、外部から摂取するしか方法が無いのです。つまり、毎日の食事やサプリメントなどで摂取する必要があるという事です。メチオニンが含まれている食材は「肉・大豆・牛乳・レバー・魚・玉子・小麦粉(全粒粉)」です。これらの食材を毎日バランスよく摂取する事で、メチオニンが合成され、シスチンを合成します。

しかし、このシスチンはアセトアルデヒドの分解や、網膜の疲労によって消費されるので注意が必要です。アセトアルデヒドとは、飲酒する事によって発生する有害な成分です。せっかく体内に蓄えたシスチンも飲酒する事で、徐々に消費してしまうのです。少量の飲酒なら問題はないのですが、大量にお酒を飲むとアセトアルデヒドが大量に発生するので、シスチンも大量に消費してしまう事になるのです。

それから、網膜の疲労にもシスチンは消費されます。網膜の疲労とはTVゲームのやりすぎ、パソコンのやりすぎ、スマホの触りすぎ等で、目が急激に疲れてしまう事です。網膜が疲れてくるとシスチンが消費されます。すると、髪の毛の生成・成長に必要なシスチンが無くなってしまい、髪の毛が生成されなくなってしまうのです。髪の毛に送られる栄養素は順番的に言いますと、残念ながら一番最後になります。つまり、飲酒や網膜の疲労などで、シスチンを大量に失ってしまうと、髪の毛に必要なシスチンが無くなってしまうという事になるのです。すると、抜け毛が増え、新しい毛が生成されなくなるので、薄毛になってしまうのです。

このように、バランスのとれた食生活で、メチオニンを摂取していたとしても、過度な飲酒や、ゲーム・パソコン・スマホ等で網膜が疲れてしまうと、シスチンが全て消費されてしまうので、全く意味がありません。ですから、飲酒も控えるようにして、網膜の疲労も考えて、バランスの良い生活習慣を身に付けるようにしましょう。また、お仕事等で食生活の改善が難しいと言う方はサプリメントなどを利用して、髪の毛に必要な栄養素をしっかり摂るようにしましょう。

髪の毛を生成する重要な要素

私達の髪の毛を生成するのに必須と言われている三大要素があります。「たんぱく質」「亜鉛」「ビタミン」が髪の毛には必要不可欠な成分で、日々の食生活をバランスよくする事で、それぞれを摂取する事ができます。髪の毛はたんぱく質から生成されていると言う事は多くの方が理解している事だと思うのですが、その重要なたんぱく質の種類や、どの様な食材から摂取できるのかと言う事まで把握している人は少ないと思います。たんぱく質と聞けばまず第一に思い浮かぶのは肉ですけど、肉ばかり食べていると栄養が偏ってメタボになり、皮脂の過剰分泌で薄毛になってしまいます。

髪の毛を生成する三大要素

髪の毛を生成する三大要素の詳細について以下で解説致します。これらはどれも髪の毛の生成、育毛に必要な成分になりますので、意識しながら摂取するように心がけましょう。

たんぱく質

髪の毛の主成分はたんぱく質です。たんぱく質は健康な髪の毛を生成する上で最も重要な栄養素となります。一般的にはアミノ酸が重要だと言われていますが、このアミノ酸がたんぱく質を生成するので、アミノ酸もたんぱく質も同じと言う認識で良いと思います。アミノ酸はたんぱく質として存在していて、お肉などを食べるとアミノ酸に分解してから吸収します。そのアミノ酸を利用して人間に必要なたんぱく質を作っているのです。また、たんぱく質には動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の2種類があります。

動物性たんぱく質は「肉・魚・卵」で、植物性たんぱく質は「豆腐・納豆」等の大豆製品です。これらの2種類のたんぱく質をバランスよく摂取する事が良いのですが、今回は抜け毛や薄毛を大前提にしているので、大豆類の植物性たんぱく質を優先的に摂取するようにしてください。動物性たんぱく質の場合、内蔵脂肪が付きやすく、肝機能や消化器系の機能が低下する為血行不良を招いてしまうのです。血行不良は髪の毛の天敵です。ですから、抜け毛や薄毛でお悩みの方は、髪の毛に良いイソフラボン豊富な大豆類を多目に摂取するようにしてください。

アミノ酸から成るたんぱく質ケラチンについて

ビタミンの吸収力をあげる亜鉛

髪の毛の主成分であるたんぱく質を合成する為に必要になってくる成分が「亜鉛」です。亜鉛とはミネラル成分の一種で、三大要素の中では一番不足がちになる栄養素です。亜鉛は主に「肉類・魚類・穀物」に含まれています。その中でも特に亜鉛を多く含んでいる食材が「牡蠣・牛肉」です。ですが、牛肉ばかり食べると肥満になるし、毎日のように牡蠣ばかりを食べる訳にもいきません。そこで亜鉛をてっとり早く摂取すると言う方法なのですが、「サプリメントなどの健康食品」を毎日服用すると言う事です。サプリメントを利用する事で、亜鉛も十分に摂取できますし、他の栄養素も一緒に補う事ができるので、最も効果的と言えるでしょう。

頭皮環境を整えるビタミン

ビタミンは頭皮環境を整えてくれるので、髪の毛の生成・成長には必要不可欠です。ビタミンと一言で言っても種類が多くどのビタミンを摂取すれば良いのか迷ってしまうと思います。そこで、以下に髪の毛にとって良いビタミンをご紹介しますので、是非参考にしてください。

ビオチン

ビオチンとはあまり聞きなれない言葉ですが、ビタミンB群の一種で「ビタミンB7」や「ビタミンH」と言われる事もあります。髪の毛の成長にはこのビタミンB群は欠かす事の出来ない存在なのです。ビオチンの役割は、血管を太くする働きがあるので、頭皮の毛細血管を太くする事ができます。毛細血管が太くなると、新陳代謝が活発になり、頭皮の血行促進に繋がります。血液の流れが良くなると頭皮環境が整い髪の毛の成長を促進してくれます。また、コラーゲンを生成する働きがあるので美容的にも注目されているビタミンなのです。ビオチンは、血管を太くする効果の他に、髪の毛を太くする効果もあるので、髪の毛が細くて悩んでいる方は、普段からビオチンを摂取していると良いでしょう。

ビタミンB2・B6・E・C

髪の毛成長に必要なビタミンは「B2・B6・C・E」です。ビタミンB2・B6は代謝活性化させる働きがあり、毛母細胞の細胞分裂を活発化させてくれます。髪の毛は毛乳頭が栄養素を受けとり、毛母細胞が細胞分裂を活発に行う事で、成長する事ができます。つまり、髪の毛の成長にはB2・B6は欠かす事の出来ないビタミンと言う事になります。

またB2・B6は頭皮の皮脂の分泌量を調整してくれる働きもしてくれます。皮脂の過剰分筆は毛穴を詰まらせ髪の毛の成長を妨げます。それから皮脂の分泌量が少なすぎるとフケが発生したり、痒みが出たり、抜け毛の原因になったりもします。ですから、ビタミンB2・B6が不足すると皮脂の分泌量の調整をする事ができなくなるので、抜け毛が増える原因になってしまうのです。こうならない為にもビタミンB2・B6は極力摂取するようにしましょう。

それから、ビタミンEは血管を拡張させる働きがあります。つまり血行不良を解消してくれると言う事です。髪の毛は成長するのにたくさんの酸素と栄養素が必要になってきます。その栄養素を髪の毛に運ぶのが血液なのです。ですから、血行不良を起こしてしまうと、髪の毛に十分な栄養素が届かなくなってしまうのです。すると毛母細胞が細胞分裂をしなくなるので、髪の毛の成長が止まり抜け落ちてしまうのです。ですから、血液の流れをよくする為にビタミンEを摂取するようにしましょう。そしてビタミンC
なのですが、ビタミンEと一緒に摂取する事でビタミンEの吸収力が高まります。ですから、ビタミンCとEは一緒に摂取する事をおすすめします。

ビタミンB2・B6・E・Cの種類

髪の毛の仕組み

一般的に知られていないと思うのですが、髪の毛は皮膚の一部が変化したものです。皮脂腺や汗腺と一緒に胎児の発育と共に発生して、皮膚の発生に伴って生まれてきます。そして角化の形成が進行して1本の髪の毛となります。

髪の毛が生える仕組み

髪の毛が生えるメカニズムは、まず初めに毛包が形成される事によって始まります。毛包は胎児の時に皮膚が陥没して形成され、その下に毛母細胞があり、毛母細胞が栄養を受ける事によって細胞分裂を起こし髪の毛が生成されて成長していくのです。髪の毛の成長に必要な栄養素は18種類のアミノ酸から成るケラチンと言うタンパク質です。このケラチンは日々の食事やサプリメントなどで摂取する事が可能で、血液によって頭皮の毛細血管へ運ばれ、毛乳頭へ届きます。ですから、髪の毛の成長は血液の流れが悪いと著しく低下してしまうのです。つまり、血行不良は抜け毛・薄毛の原因という事です。

それから、髪の毛には毛周期(ヘアサイクル)があります。髪の毛は毛母細胞が刺激を受けて細胞分裂を起こし髪の毛が太く長く成長していきます。成長期間は男女で異なり、男性で3~5年、女性の場合は4~6年と言われています。毛周期は「成長期→退行期→休止期」の順になっていて、生えては抜けてを一生繰り返します。成長期は髪の毛がどんどん成長している時期で、退行期は成長が止まっている状態です。そして休止期に入ると、自然と抜け落ちてしまいます。この休止期に入る頃には古い毛の下で新しい毛が発生しています。

頭皮や毛穴の状態が健康であれば、古い髪の毛が抜け落ちた後は、すぐに新しい髪の毛が生えてくるのですが、ホルモンバランスが乱れていたり、ストレスが原因で毛周期が乱れている可能性がある場合は、生え変わりの作業がスムーズに進めない事があります。このような状態になってしまうと抜け毛が増え、薄毛になってしまうのです。髪の毛には1本1本のヘアサイクルがあり、それぞれが独自に生え変わっていきます。

それから言うまでもないのですが、髪の毛は加齢と共に変化していき、徐々に毛が細くなっていきます。生まれたての赤ちゃんや10歳以下の場合は細くて柔らかい髪の毛ですが、10歳を越えたあたりからしっかりとした太い髪の毛に変化します。成人の毛表皮は乳児や幼児のものと比較してみると、厚みが約倍ほどあります。つまり、乳児や幼児の毛表皮は薄く、髪の毛が成人男性よりも細いという事です。

一般的に私たちの髪の毛は毎日60~100本程脱毛を繰り返し行っています。髪の毛は1つの毛穴から3~5本程髪の毛が生えています。そのうちの主毛以外の毛は3~6年前後の周期で脱毛と発毛を繰り返し行っています。ですから、髪の毛が自然と抜け落ちる現象は普通の事なのです。1日に100本程抜ける事は一般的な事なので心配は不要ですが、毎日100本以上の髪の毛が抜け落ちると言う方は、一刻も早く薄毛専門のクリニックで相談するようにしましょう。