髪の毛の基本構造と主成分

基本髪の毛は3層構造になっていて「メデュラ・コルテックス・キューティクル」で構成されています。また髪の毛の主成分はケラチンと言うたんぱく質でけいせいされていますす。

髪の毛の基本構造

髪の毛は3つの層に分かれていて、中心部分からメデュラ(毛髄質)、コルテックス(毛皮質)、キューティクル(毛皮質)と言うような形で3層構造になっています。

メデュラ(毛髄質)

メデュラは少量のメラニン色素を含み立方体の細胞が蜂の巣のように並んでいて、内部には空気を通す為の穴が空いています。その穴は空気を溜める為のもので、その理由は高温・低温から頭皮や脳を守る為です。成分としてはたんぱく質と脂質でできています。メデュラは髪の毛のコシ・太さに大きく関わっていて、メデュラが太いと髪の毛は太くて硬い髪質になります。生まれたての赤ちゃんの髪の毛や、産毛は細くて柔らかいので、メデュラが無い状態と言われています。

コルテックス(毛皮質)

コルテックスは髪の毛の大部分を占めている毛皮質の事です。メラニン色素を含む細い繊維状のタンパク質が束状に集まって構成されています。このメラニン色素によって髪の毛の色が変化します。人種によって髪の毛の色が異なるのは、コルテックス内部のメラニン色素の量が異なるからです。それからコルテックスは、紫外線から頭皮を守る働きもあります。

キューティクル(毛表皮)

キューティクルと言う言葉はさすがにご存知かと思いますが、どのような働きをしているかまで知っている方は少ないと思います。キューティクルとは髪の毛の表面部分に、透明な細胞がうろこ状に重なって成っている毛表皮の事です。キューティクルは硬く、外部からの雑菌等から髪の毛を守ってくれたり、髪の毛内部の栄養分を外に逃がさないように保護してくれてるバリアー的存在なのです。キューティクルが破壊されると、水分が保持できなくなり、手触りや見た目に大きく影響し、パサパサな髪の毛になってしまいます。

異常が髪の毛の構造です。髪の毛は皮膚の様に自然治癒力が無いので、一度傷んでしまうと生え変わるまで傷ついた状態のままです。ですから、しっかりとケアしてあげて髪の毛を守ってあげましょう。

髪の毛の主成分

髪の毛の主な成分はたんぱく質です。そもそも私達人間は主に水とたんぱく質で構成されています。その中でも髪の毛構成しているタンパク質は「ケラチン」と言うたんぱく質です。ケラチンは18種類のアミノ酸が結合してできるたんぱく質で、どれか1つでもかけてしまうと上手い事結合できなくなってしまいます。だから、バランスのとれた食生活や、生活習慣が必要と言われているのです。また、育毛ケアにアミノ酸系のシャンプーが良いと言われているのも、このケラチンがアミノ酸から成るたんぱく質だからなのです。そして、ケラチンは髪の毛以外にも、皮膚、爪等の角質層の形成にも必要な成分と言われています。あまり知られていませんが、そもそも髪の毛は皮膚が大きく変化したもので、皮膚の延長線上にあるのが髪の毛なのです。そして、ケラチンの特徴は弾力性に優れていて、水分を多く含んだ細長い繊維状の形をしていて、アミノ酸の配合により2種類に分かれます。1つは「硬ケラチン」で髪の毛や爪を構成するケラチンで、もう1つは角質層を構成するケラチンです。

髪の毛を構成する18種類のアミノ酸


アミノ酸 含有率(%) アミノ酸 含有率(%)
グルタミン酸 15.00 プロリン 6.75
シスチン 13.72~16.00 グリシン 6.50
ロイシン 11.30 チロシン 5.80
アルギニン酸 10.40 バリン 4.72
セリン 9.41 アラニン 4.40
アスパラギン酸 7.27 フェニルアラニン 3.70
スレオニン 6.76 リジン 3.30
メチオニン 0.71 トリプトファン 0.70
ヒスチジン 0.70> ヒドロキシプリン 0.21


ケラチンの成分には少し特徴があって、繊維などのたんぱく質にはほとんど含まれていない「シスチン」と言うアミノ酸を16%も含んでいるという事です。シスチンをどのようにして摂取するのかについて、以下で説明させて頂きます。

シスチンについて

シスチンとは含硫アミノ酸(硫黄を含んだアミノ酸)で、ケラチンを構成するのに必要なアミノ酸です。このシスチンはメチオニンから合成されるのですが、メチオニンは人間の体内で合成される事のないアミノ酸なのです。人間が生命を維持するのに必要になってくるぐらい重要なアミノ酸がメチオニンなのですが、体内で合成される事が無いので、外部から摂取するしか方法が無いのです。つまり、毎日の食事やサプリメントなどで摂取する必要があるという事です。メチオニンが含まれている食材は「肉・大豆・牛乳・レバー・魚・玉子・小麦粉(全粒粉)」です。これらの食材を毎日バランスよく摂取する事で、メチオニンが合成され、シスチンを合成します。

しかし、このシスチンはアセトアルデヒドの分解や、網膜の疲労によって消費されるので注意が必要です。アセトアルデヒドとは、飲酒する事によって発生する有害な成分です。せっかく体内に蓄えたシスチンも飲酒する事で、徐々に消費してしまうのです。少量の飲酒なら問題はないのですが、大量にお酒を飲むとアセトアルデヒドが大量に発生するので、シスチンも大量に消費してしまう事になるのです。

それから、網膜の疲労にもシスチンは消費されます。網膜の疲労とはTVゲームのやりすぎ、パソコンのやりすぎ、スマホの触りすぎ等で、目が急激に疲れてしまう事です。網膜が疲れてくるとシスチンが消費されます。すると、髪の毛の生成・成長に必要なシスチンが無くなってしまい、髪の毛が生成されなくなってしまうのです。髪の毛に送られる栄養素は順番的に言いますと、残念ながら一番最後になります。つまり、飲酒や網膜の疲労などで、シスチンを大量に失ってしまうと、髪の毛に必要なシスチンが無くなってしまうという事になるのです。すると、抜け毛が増え、新しい毛が生成されなくなるので、薄毛になってしまうのです。

このように、バランスのとれた食生活で、メチオニンを摂取していたとしても、過度な飲酒や、ゲーム・パソコン・スマホ等で網膜が疲れてしまうと、シスチンが全て消費されてしまうので、全く意味がありません。ですから、飲酒も控えるようにして、網膜の疲労も考えて、バランスの良い生活習慣を身に付けるようにしましょう。また、お仕事等で食生活の改善が難しいと言う方はサプリメントなどを利用して、髪の毛に必要な栄養素をしっかり摂るようにしましょう。