薄毛の女性がシャンプーを選ぶ際の注意点

シャンプーは毎日する事で毎日何気なくしている人が殆どだと思いますが、実はシャンプーにも落とし穴があるのです。特に抜け毛や薄毛に悩んでいる方はシャンプー自体に注意するようにしてみてください。シャンプーは色々な成分が組み合わされてできています。シャンプーの裏面には含まれている成分の記載があると思いますが、そこに書かれているのはまずは水だと思います。水自体には害はないのですが、問題は以下に上げる成分です。因みに裏面に記載の成分表示は配合量の多い順に記載されています。

シャンプー購入時に注意したい成分

薄毛の方なら、シャンプーを購入する際に育毛効果のあるアミノ酸系のシャンプーを選ぶ方が多いと思いますが、一般的なシャンプーを選ぶ方も少なくはありません。しかし、シャンプーに含まれている成分が実は抜け毛や薄毛の原因という可能性も少なくはないのです。そこで、以下のような成分が含まれているシャンプーは極力使用しないようにしましょう。

シャンプーに含まれている合成界面活性剤

  • スルホコハク酸ラウレス2Na
  • ラウレス硫酸Na(ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩)
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸TEA
  • ラウリル硫酸Na(ドデシル硫酸ナトリウム)
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩
  • パレスー3硫酸アンモニウム
  • ジステアリン酸グリコール
  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸Na
  • テトラデセンスルホン酸Na
  • オレフィンスルホン酸Na

以上がシャンプーに含まれている合成界面活性剤です。この成分が記載されているシャンプーを使用している方は、今すぐ使用をやめて上記が含まれていない他のシャンプーを使用するようにしてください。名前を覚えるのが面倒な方は「〜硫酸」「〜スルホン酸」と言う単語だけを意識して見るようにしてください。

ここで勘違いしないで欲しいのは「合成界面活性剤」全てが悪いと言う事では無いという事です。例えば天然成分を原材料に使用していたとしても、製造工程で科学合成しているとこのように合成界面活性剤と呼ばれるのです。しかし、上記に挙げました成分に関しましては、洗浄力が強すぎて、頭皮の必要な油分を取りすぎてしまうので髪の毛にとってよくありません。また、髪の毛の主成分であるたんぱく質にも影響を与えてしまう事もあるので注意が必要です。

そして、頭皮に対しても刺激が強すぎるので、頭皮環境も乱れてしまい薄毛の方はさらに抜け毛が増えて薄毛が促進されるでしょう。こうならない為にも上記の成分を含んでいないシャンプーを使用するようにしてください。また、化粧品などにも含まれている成分でPPG-7(ポリプロピレングリコール)と言う成分が含まれている商品もあるのですが、できればこの成分も避けるようにしてください。このPPG-7は弱い皮膚毒性が確認されているので使用しない方がよいでしょう。

一般的なシャンプーには以上のような合成界面活性剤が必ず配合されています。しかも何種類もの合成界面活性剤が含まれているので注意が必要です。合成界面活性剤とは水と油を混ぜる為に使用する洗浄成分や保湿剤の事を言います。

こんな方は使用しているシャンプーの成分を確認してください

私たちは毎日シャンプーを使用して洗髪します。何気なくしているシャンプーですが、シャンプー後に以下のように感じた事はないでしょうか?

  • シャンプー後に頭皮に異常な痒み
  • トリートメントやコンディショナーを使用しないとゴワつく
  • 頭皮が乾燥して突っ張る
  • 髪の毛の手触りが悪い

もし上記に思い当たる節があるのなら、今使用しているシャンプーはお肌に合っていないどころか上記で説明したような成分が含まれている可能性があります。シャンプーには先述した合成界面活性剤の他に、人工香料、防腐剤、乳化剤等々の科学合成物質がたくさん含まれています。その中のどれかの成分と、あなたの頭皮が喧嘩(反応)をして、抜け毛が増えて薄毛になっている可能性があります。

敏感肌の方やアトピーの方ならよく分かると思うのですが、人によっては科学成分に反応してしまう事があります。ですから、抜け毛が酷い方や薄毛の方は今使用しているシャンプーに含まれている成分のどれかに反応している可能性が十分に考えられると言う事なのです。特に上記で挙げた成分が含まれているシャンプーを使用している場合は今すぐ使用をやめるようにしましょう。

でも、なぜこのような頭皮に悪い成分を含んだ商品を販売しているのでしょうか?答えは簡単です!「安く作れるから」です。ただそれだけの理由です。石油製品を作った残りカスの「ナフサ」と言う物質が原料で、高いお金をかけて処分していたのですが、上記のような成分が開発されて製品として販売されるようになりました。本来捨てられるような成分を使用してシャンプーを作る事によって安く生産でき、さらに処分費も浮きますので利用しない手はないですよね。もちろん動物実験などで安全性は認められていますが、長期間使用した人体実験のデータは残念ながらありません。つまり、人間で長期間使用して実験すると抜け毛の原因がこのようなシャンプーであると言う事がわかるかも知れないと言う事です。もし、上記成分を含んだシャンプーを使用していて、抜け毛や薄毛に悩んでいるのなら今すぐに使用をやめるようにしてください。