女性ホルモンと生理周期について

女性ホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類あります。どちらのホルモンも脳の視床下部より指令を受けて卵巣から分泌(視床下部→下垂体→卵巣→女性ホルモン)されるようになっています。特にエストロゲンの減少は抜け毛・薄毛に大きく影響しますので注意が必要です。

2種類の女性ホルモン

エストロゲン

卵巣ホルモンとも言われていて、卵胞を育てる働きと子宮内膜を厚くする働きがあります。肌のコラーゲン増やしたり、抗酸化作用、女性らしい体つき(肌・髪のハリ艶)になる為に必要な女性ホルモンです。また、髪の毛の生成・成長に必須のホルモンになってくるので、エストロゲンの分泌量が低下すると、抜け毛が促進されます。

プロゲステロン

黄体ホルモンとも言われていて、子宮内膜の状態を整えて、妊娠中の母胎・胎児を守る役割を担ってくれます。その他に皮脂の分泌量を増やして水分を溜め込む働きがある為、むくみの原因にもなったりします。またイライラを引き起こす原因でもあります。しかし、プロゲステロンは育毛を維持する効果もあるので、髪の毛にとっても必要不可欠な女性ホルモンなのです。

それぞれのホルモンについて

髪の毛の生成・成長に重要なエストロゲンは生理にも深く関係しています。生理の1週間前ぐらいから、エストロゲンの分泌量が増加して、排卵時にピークを迎えます。そして、そのあと徐々に減っていき正常値に戻ります。逆に、プロゲステロンはエストロゲンと交代するように排卵後に分泌量が増加していきます。それから、排卵後約1週間ぐらいでピークを迎え、生理前には減少して正常値に戻ります。

この2種類の女性ホルモンのバランスによってお肌の調子、健康状態、感情の起伏、妊娠、出産などに影響を及ぼします。女性は毎月の月経や一生を通すと初潮→妊娠→出産→閉経と言うように、女性ホルモンに大きな影響を受ける事になります。特に一番変化があるのは思春期で、エストロゲンが活発に働き女性らしい体を作っていきます。乳房・至急・膣と言った各部位の発達や発育を促し女性らしい体を形成しながら成長していきます。

女性ホルモンであるエストロゲンは、12歳ごろから分泌量が増え、初潮が始まります。そして、30歳代には活発に分泌され、生理の終期ごとに増減を繰り返し行います。ちょうどこれぐらいの年齢の時は「性成熟期」と言われ、女性ホルモンのバランスが安定しているので、妊娠・出産に適していると言われています。そして、40代に入った頃から卵巣の機能が低下し始めて、エストロゲンの分泌が減少していきます。すると、生理不順になったりして、50歳前後には閉経を迎える事になります。

巷で更年期とよく言われていますが、この更年期が丁度閉経前後の10年間で、ホルモンバランスが乱れているので、体や心にさまざまな影響を与える事になるのです。この更年期障害は性ホルモンの減少が原因で起こるので、男性女性共に現れる症状なのです。

女性ホルモンは非常にデリケートで、日々の食事の栄養バランスが取れていなかったり、ストレスを溜めこんだりしていると、ホルモンバランスが崩れてしまい、髪の毛はもちろんの事さまざまな病気を引き起こしてしまう可能性があります。抜け毛。薄毛に悩んでいる方は、ホルモンバランスが崩れている可能性が大いにあるので、女性専用の薄毛専門のクリニックなどで相談すると良いでしょう。最近では、無料でカウンセリングを受ける事が可能なので、薄毛の原因だけでも確認しておく方が良いでしょう。