出産後の抜け毛を改善する為に原因を知る

女性は妊娠・出産をすると体質の変化であったり、ホルモンバランスが乱れたりする事が良くあります。これは、出産をする前の妊娠時に身体の変化に気づく方が多いと思うのですが、出産を終えてからも体調が戻らず、その影響が心身にまで及ぼす事もあり、さまざまな病気を引き起こす事もあります。その中の1つが抜け毛なのです。

妊娠や出産でホルモンバランスが乱れる

女性に限らず男性にも同じ事が言えるのですが抜け毛や薄毛の主な原因は「ホルモンバランスの乱れ」です。妊娠・出産をするとホルモンバランスが乱れるので、出産後に抜け毛を経験する方も少なくはありません。この症状は、出産後約3ヶ月ほど経過した頃に起こるのが一般的です。

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)

エストロゲンとプロゲステロンは女性ホルモンでこの2種類に大きく分ける事ができます。妊娠していない状態の時は両者が交互に優位な働きをするようになっているのですが、妊娠するとエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が急激に増加し始めます。妊婦の母胎は安全な出産ができるようにエストロゲンとプロゲステロンの量が十分に維持されるようになっています。しかし、出産が終わると急激に増加していたエストロゲンとプロゲステロンが不要になる為、妊娠前の正常値に戻ろうとします。この時に急激に減少する傾向にあるので、正常値を下回ってしまう事があるのです。このようにホルモンバランスが乱れるので体に大きな負担がかかってしまい、さまざまな病気を引き起こしたり、体調不良になったりする事があるのです。そして、エストロゲンは女性の髪の毛の成長に最も必要な女性ホルモンになるので、急激に減少すると言う事は、髪の毛の成長を止めてしまう事になるのです。すると髪の毛が大量に抜け落ちてしまう事になるのです。それから、プロゲステロンは育毛を維持する働きがある為、こちらも減少する事で髪の毛を保持する事ができなくなり、髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。このようにホルモンバランスが乱れると髪の毛はどんどん抜け落ちてしまいます。女性は妊娠する事で誰もがホルモンバランスを崩す事になるのですが、妊娠していない場合でも生活習慣や、日々の食生活、ストレス等でホルモンバランスを乱す事が良くあります。今回は妊娠・出産時の事について説明していますが、妊娠時でなくても、出産後でなくても、ホルモンバランスが乱れると抜け毛は増えてしまう事になるので、十分注意するようにしてください。

出産後の生活習慣の変化

出産後はどうしても赤ちゃん中心の生活になってしまいます。出産前のように外出したり、ゆっくり睡眠をとる事が難しくなる日々が続きます。特に夜泣きが酷い場合は授乳もしてあげないといけないし、寝かしつけるのにも体力を使い、睡眠不足になりがちです。このような生活に慣れない間はどうしてもストレスが溜まり自律神経を刺激して、交感神経が血管を収縮させてしまいます。すると血行不良になり、ホルモンの分泌が正常に行われなくなり抜け毛を促進させてしまいます。ですから、ご主人の協力を得ながらたまには子供の面倒を見てもらうなりして、ストレスを発散する事を心がけて下さい。

それから、生活習慣で言いますと、出産後は元の体重・体型に戻そうとみなさんダイエットを頑張ります。出産後のダイエットは体に悪影響しかないので極力しないようにしましょう。特に食事制限などのダイエットは絶対にしないでください。母親が食事制限をして栄養を摂取していないと、赤ちゃんにも影響が出てきます。授乳しても栄養素が不足していたら赤ちゃんに悪影響です。ですから、出産後はダイエットの事は考えないようにして、しっかりとバランスのとれた食事でたくさんの栄養を摂取するようにしてください。栄養不足は抜け毛を促進させるので注意が必要です。

以上が出産後の主な抜け毛の原因です。それでは、以下で抜け毛の改善方法を解説致しますので是非参考にしてみてください。

出産後の薄毛の改善方法

上記で説明したように女性は妊娠・出産を経験すると維持的に抜け毛が増える事があります。しかし、これらはホルモンバランスの乱れによる一時的な現象なので、ある一定期間が経過すると、ホルモンバランスが元に戻り抜け毛も徐々に減ってくるでしょう。ですが、抜け毛の多さにショックを受けて気に病んでしまうと「ストレス」が溜まり、抜け毛を促進させてしまう可能性もあります。ですから、出産後の抜け毛は誰にも起こる現象として認識する事が重要で、あまり気にしない事が重要なポイントとなってきます。

生活習慣の改善(見直し)

女性は出産後赤ちゃん中心の生活になります。ごくごく当たり前の事なのですが、赤ちゃんは夜泣きもしますし、夜中に授乳もしてあげないといけません。ですから、睡眠不足になる方がほとんどだと思います。これは仕方がない事なのですが、なるべくなら、赤ちゃんがお昼寝をしている間は自分も仮眠を取るようにして、睡眠不足を少しでも解消するようにしましょう。それから、赤ちゃんの世話が大変なので、食事も偏った食生活を送りがちになってしまう事も良くあります。しかし、睡眠不足と偏った食生活でホルモンバランスが整うどころか、悪化するだけなので、せめて食事だけでもバランスのとれた栄養満点の食事を摂取するようにしてください。つまり、規則正しい生活リズムを整えて、バランスのとれた食生活、睡眠をとる事で自律神経のバランスが取れてホルモンバランスが徐々に整っていく事になるという事です。このように赤ちゃんも大切ですが、自分の体の事も大切にする事を忘れないでください。

大豆製品を意識して摂取する

大豆には「イソフラボン」が含まれている事は有名ですね。大豆に含まれるイソフラボンには、髪の毛にとって重要な女性ホルモンであるエストロゲンと似たような働きがあります。つまり、イソフラボンは乱れたホルモンバランスを整える作用があるという事です。ですから、偏りがちな食生活を送っている方は特に意識して「大豆製品」を摂取するようにしましょう。産後はどうしても赤ちゃん中心の生活になってしまい、偏った食生活になりがちです。これは仕方がない事ですが大豆製品を摂取する事で、ホルモンバランスを整える効果に期待ができるので積極的に摂取するようにしましょう。大豆製品と言えば豆腐・納豆などが思い浮かぶと思いますが、大豆製品でしたら加工食品でも十分にイソフラボンを摂取する事が可能なので自分が食べやすい製品で大丈夫です。

出産後の抜け毛は一時的なもので誰もが経験する事です。ただ、それを気に病みすぎてストレスになり、抜け毛を加速させてしまう場合もあるので注意が必要です。ですから、当たり前の事だと思い、あまり考えないようにしましょう。あまりにも抜け毛が酷く、止まらない場合は一人で悩まず専門の医師に相談するようにしましょう。上記で説明したような睡眠や、食生活の改善だけではどうする事もできない事もあります。

出産後の抜け毛を改善する為に原因を知る」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 女性の抜け毛 病気 | 女子力をアップする簡単な方法

コメントは停止中です。